<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

親沢の鼻にて

a0231729_23454451.jpg


昨日の朝方、茨城百景親沢の鼻にぶらっと行ってきました。
季節柄でキャンプの方がいました。
そのうち友人ご一家を誘ってみたいと思いつつ、テント設営に2000円の料金にちと悩んでいます(○´д`A)フキフキ

a0231729_2346343.jpg


駐車場で、こんなポカピカ松ぼっくりのような・・・
a0231729_23463480.jpg


ゆっくり調べてみたいと思います。
卵?だるまさん?、はたまたチェブラーシカ???

目鼻をいれてみたくなったり・・・(●´ω`●)




午後に所要で石岡まで出かけてきました。
石岡は提灯を持って行くのか・・・
a0231729_23465316.jpg

しかし・・・

お盆でご先祖様はうちに帰ってきてるはず。
なにゆえ空家のお墓に、お参りをするのでせう。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-14 00:08 | 立ち回り | Comments(0)

ばらっぱ

a0231729_21371941.jpg

a0231729_21382819.jpg
a0231729_21385118.jpg


山帰来のことをここいらでは「ばらっぱ」といい、お盆の餅に使っていた。
なぜ過去形かといえば、里山が荒れたためか山帰来は見つけにくくなった。
また盆だからと餅をつく家も少なくなった。

お盆の餅を丸めるときはかびやすい餅取り粉を使わないようだ。
餅取り粉に替えて山帰来と青紫蘇を使うのだと思う。


米を作ってはいたけれど、ほんの小さい頃は麦飯が主食だった。
お弁当はたぶん、もそもそして寂しかった。
小学校に通う前半に麦飯から白米に変わった、たぶん、おぼろげ記憶になったが。
いや、正確に言えば、記憶はない。
いつの間にか、弁当箱にはあたりまえように白いご飯がはいっていた。

日頃に麦飯を食べていれば餅はご馳走だったのだろう。
頭ではわかる。
自家用最低限の米を残し、麦を混ぜて日々の糧にする。
それがある程度当たり前の手堅い暮らしだったのかもしれない。

たぶん・・・
80を越した曾祖母は長生きのご褒美に、か、自分用に毎朝1合分程の白米を七輪で炊いていたのだ。


おはつおばあちゃんの隠居をのぞきに行くと、砂糖壺から梅干を出してくれた。
身近なところの草むしりをし、時に縫い物をし、気が向けば小説を読む。
曾祖母の隠居は何度となく読み返されたに違いないオール読物かなんかがあったと記憶する。

きゅうりをかじっておやつにしていた子供に梅干はともかく、白い砂糖はちょっとしたご馳走。
が、祖母が買ってくれるファンタはより魅力的だった。

私が10歳になるかならない頃に曾祖母は逝った。
夜半に目覚めることはなかったのに、その晩ただならぬ気配に目を覚ましたことを鮮明に覚えている。
ファンタを買ってくれた祖母も曾祖母と同じ年頃に鬼籍に帰った。
今日はお盆の中日。おはつばあちゃんも祖母のお節さんも母屋に帰ってきているだろう。


a0231729_22301973.jpg

若書きの山帰来が出てきた。
生け花用のものは実がついているのが常だが、栽培して実をつけさすのはむずかしそう。

さらに山帰来で調べてみると薬効もあるようだ。
あらためて実生を見れば、葉の付き具合、枝の曲がり具合の秩序に驚かされる。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-13 23:31 | 季節もの | Comments(0)

葛 クズ

a0231729_14563561.jpg



a0231729_14474016.jpg



a0231729_14494834.jpg蔓ものまっさかり その2




過日の鹿島灘海浜公園で撮った写真だが、あちらこちらで葛を見る。
こんなに葛がいっぱいあると、本葛粉を作れそうな気がする。
来年の夏は自家製くずきりに初挑戦か。


鍵善のくずきりが食べたい。

ん、葛切りより麩まんじゅうがいいな。

なんぞと思いながら室生に思いを馳せる。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-08 16:19 | 野山 | Comments(0)

双葉よりかんばしい?

a0231729_9202332.jpg



蔓もののさかり。
林に隣接する庭は山芋やへくそかずらがいつのまにか蔓を伸ばし、気がつけば庭木を覆いつくしてしまう。
咲く花はあいらしいが、なかなか獰猛。
蔓ものにおおわれ換気がわるくなり、毛虫が出るは見栄えが暑苦しいは・・・

目にはいれば除くのだが、小さいうちからへくそのにおいが指につく。

今日は立秋。
4日に東北地方梅雨明けの報道があった。
が、昨日の会話
「このむしむしするのや空がすっきり晴れないのってまるで梅雨のさなかだよね」
各地の大雨や天候の不安定さは、確かに梅雨の終わりごろのよう。

都会はコンクリートやアスファルトが蓄熱して夜も暑い。
いなか住まいの人も、暑い暑いとテレビやラジオが言うので熱い気になっちゃう。
都市部の暑さとは比べものにならないのだが、「冷房が入ってなくてがっかり」だと。




a0231729_9204260.jpg
a0231729_9205997.jpg


へくそかずらは、冬の初めに枯れ草を輪にしてリースにするとかわいいのいだけどね。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-07 09:46 | 野山 | Comments(0)

鹿島灘へ

a0231729_20544513.jpg
a0231729_20551746.jpg
a0231729_20554111.jpg



鹿島灘海浜公園のボードウォークを散策してきた。

大洗を南下すると大竹海岸までの間が段丘状になっている。
先日、滝浜に行ったさいに気になっていたことだが、しばらく前の地図で玉田や冷水などの海水浴場と表記されていたところにたどり着けない。
畑や人家の先に森があり、さらに先はすとんと海になるはずだ。

車がすれ違えない細い道。
浜への降り口にたどり着いても路駐だし、踏み跡をたどるようなみちだったりする。
浜茶屋らしきものもないような地味さで、ライフセーバーもたぶん・・・ぜったいいない。



そういえばと思い立ち、大竹海岸を通り過ぎて鹿島灘海浜公園まで足を伸ばした。
地上2~3mのボードウォークですれ違ったのは、日曜ではあったが2組だった。
一人は犬の散歩。
松ノ木の高いところからの非日常の景観を楽しめる。


a0231729_20561041.jpg
a0231729_20564140.jpg


隣接する大竹海水浴場ほ賑やかそうだったが、こちらは静かでおだやか。
こういうところをリゾートというのではないかと思ったのだった。

a0231729_20565449.jpg


サーファー向き?
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-04 21:46 | 立ち回り | Comments(0)

定着する

a0231729_19432112.jpg


去年植えたレモンバーム、ミントがしっかり庭に根付いてきた。
斑入りのものや綺麗な花が咲くものはちょっと弱っちい。

a0231729_19434641.jpg


畑にもりもり咲いていた朝顔。
凛とした色が気に入り、種を分けてもらったものだ。
こぼれ種で今年ももりもりと元気。
なぜかお日様の光を背にするように花を咲かせている。



a0231729_19454387.jpg 地面を掘り起こして、繁茂する笹やドクダミを除き紆余曲折。庭いじりは奥が深くむずかしい。
今年はセミがにぎやか。
朝顔の周りにいたシジミチョウ。調べてみると、英語はエルフィンだそう、指輪物語で聞いた名のような・・・
暑い暑いとラジオなどは言っているのに、肌寒いような日もある。これから暑くなるという予報だが今夜も涼しい。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-03 20:07 | | Comments(0)