カテゴリ:庭( 36 )

お清め


a0231729_20392874.jpg





先週、私の不在中に叔父が松を切ってくれた。
母が休耕地に切った木を運び、その日のうちに焼却処分。
翌朝、まだ煙が出ていた。
野焼きができたよなあと灰の山をながめた。

マツクイムシにやられた木は早めになんとかしないとならない。
そのように思ってあきらめる。

週末、母が
「真ん中にくり抜いた穴に何かを植えるといいって言ってたんだけど、なんだったかな」
接ぎ木をするといいということかなと思いながら、確認とお礼の電話をいれてみた。
「いやね、近所の人が木を切ったあとでやっててね」
「塩を入れるんだよ。お清めってやつ。」
いやはや、ぜんぜんちがう話だがグッドアイディア。
切り株に溝を掘ると水がたまり、株が腐るのも早いのだそうだ。

香りの良い木を植えたいと叔父に話すと、来春に実生から育てた楠をあげようとありがたい約束をえた。

欲しい木があるのだが、いまだに何の木かわからない。
5月から6月にかけて、大学の朴の木のあたりを雨上がりに通りかかると柑橘系のよい匂がした。
見回してみても花らしきものがなく、木の葉から香り立っていたと想像している。


人間が作ったものは、家ではもちろん燃やさない。
しかし、市街地ならたとえ小さな町でも
「ほんとはダメなはず」
と、落ち葉焚きでさえ白い目で見られる。
どうよと思う。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-10-13 20:07 | | Comments(0)

定着する

a0231729_19432112.jpg


去年植えたレモンバーム、ミントがしっかり庭に根付いてきた。
斑入りのものや綺麗な花が咲くものはちょっと弱っちい。

a0231729_19434641.jpg


畑にもりもり咲いていた朝顔。
凛とした色が気に入り、種を分けてもらったものだ。
こぼれ種で今年ももりもりと元気。
なぜかお日様の光を背にするように花を咲かせている。



a0231729_19454387.jpg 地面を掘り起こして、繁茂する笹やドクダミを除き紆余曲折。庭いじりは奥が深くむずかしい。
今年はセミがにぎやか。
朝顔の周りにいたシジミチョウ。調べてみると、英語はエルフィンだそう、指輪物語で聞いた名のような・・・
暑い暑いとラジオなどは言っているのに、肌寒いような日もある。これから暑くなるという予報だが今夜も涼しい。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-08-03 20:07 | | Comments(0)

分水嶺の翌日

a0231729_21214758.jpg


台所をでるとこんなものが散らばっていた。
何かなとは思ったものの、あまり気に止めずに朝顔の蔓をあみにくっつけたり、
勢いをました雑草をちびちび除いたりしていたら・・・

a0231729_21225343.jpg


落ち武者のようなやつがいた。
ひなに暮らしているとはいえ、なかなか出会えるものではありません。
見ればけっこう傷つきはてている。



あっ、さっきの破片はひょっとして・・・

よくよく見てみれば、やはりカブトムシでありました。
この曲がふと口をついたけど・・・
か~ぶとむ~しっていうとこだけだった。

だって、若い同僚が歌っていたのをまた聞きしただけ、フルコーラスは無理なんだもの。



大勝との報道ではありますが、単独過半数じゃないではありませんか!!!

投票した候補のツィートに反応したみなさんをフォローしまくった本日。
ねじれているほうがいいのに!!!なんで解消させちゃったかな・・・
逆戻りしてもいいことなんかないだろうよ。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-07-22 22:16 | | Comments(0)

梅雨明け宣言の日

a0231729_12332433.jpg


資源リサイクルセンターでもらってきた土管のオレガノに花がたわわになりました。
ハチやら蝶やらがやってきます。
これっぱかりの花の蜜さえも命をつなぐのだね。
地道な暮らしをしている方々だなあと思います。

雨らしい雨が降らぬまま本日梅雨明け宣言。

今年も半夏生の日にセミの初鳴きを聞きました。







a0231729_12334636.jpgゴーヤの蔓を広げて這わせようとしていたらカタツムリのがきんちょがいました。
浅茅や蓬のみならず、地面にしゃがみこめばダンゴムシがごろごろ、雨が降りそうな日はありんこの行列ができる。
蛾が入ってきて飛び回るのは確かに不快だけど、けっこう自然と共存する生活・・・のような気がする。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-07-06 13:16 | | Comments(0)

巡回してくるようです

a0231729_21373091.jpg


朝の9時半から10時頃にかけて枯れかかったシラカシにやって来る。
30羽くらいか。
スズメくらいの大きさ。
賑やかに芽を啄む。

a0231729_2137534.jpg


啄みさえずり、家への引き込み電線で休むのだが、
とまる場所はきちんと距離を保っている。

まるで不可侵条約があるかのよう。

秩序がある世界というわけだ。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-06-18 22:13 | | Comments(0)

賑やかになってきました!

a0231729_1451096.jpg




a0231729_14575727.jpg生活のベースをこの家に移して5年、くらいかな。
上はすべてもともとあったくもの。
地を這っていたものを立てたり、間引いたり。
昨年植えた山紫陽花もしっかりした株になりはじめた様子です。


今年は金木犀の新しい芽に虫がつき、丸坊主になりかけ・・・・



ましたが、2番芽が出てきました!

ちょぼちょぼ出てくる笹と山芋が悩みの種。



東側のシラカシ2本。
1本は枯れ、もう1本も瀕死の状態。
もとより自然浸透式で、排水の行き先はその根元のあたりですが、特に異常はありませんでした。

液状の少量で香りがよい洗剤を使い始めたのはこの2~3年。




樹齢40年以上のシラカシ、ここで急に枯れ始めるとは・・・

変わったことといえば洗剤です。

手遅れなのは間違いないのだけれど、洗剤を液状から粉に変えてみたのは言うまでもありません。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-06-11 15:35 | | Comments(0)

こぼれ種から

a0231729_1427181.jpg



庭の半畳菜園からコリアンダーの種がこぼれ落ち可憐な花が咲きました。


a0231729_14275598.jpg



半畳菜園ではイタリアンパセリが1mにも育ち、薄黄色の花を咲かせています。
2匹目のドジョウを狙いつつ鑑賞中。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-06-06 14:41 | | Comments(0)

山藤に

a0231729_8584235.jpg


山藤に 脚立とられて 借りてくる (おそまつ!)


山藤は春の季語なのか・・・ポリポリ・・・


庭に出てきたのでハウス用のパイプを添え木にして屋根に立てかけといた。
ほうっておいたら瓦の隙間に入り込み一部を持ち上げて恐ろしいことに。
そろりそろりと外してはみたけれど、幹も太くなり、切るに忍びない。
夏の西日よけにも良さそうなので、とりあえず脚立で支えてみたわけです。
屋根や庭木に巻き付かないように。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-06-02 09:16 | | Comments(0)

紅一点

玄関前のひょろひょろした葉。
すすきだとばかり思っていたのだがチガヤでした。
チガヤを稚茅と書くものと勝手な想像をしていたのですが、茅または茅萱だという。
茅は茅葺き屋根にするもの。ずっとずっと背の高いもの。
生まれた家は茅葺きでした。
何年か毎に葺き替えをしていた記憶があり、茅はススキより大振りだと思い込んでいました。

春の彼岸、田んぼっぷちを歩いて墓参りに行った子供のころ。
道すがらの土手で、叔母が「なめてごらん」。
穂が覗くかどうかのものの葉を丁寧に除いて嘗めてみたけれど、なんの味もなかったような。


チガヤを調べてみると甘いらしい。
何歳ころか記憶はあやふやだけど、幼稚園の年頃あたりはど偏食でご飯に砂糖をかけてもらい食べていました。
もっちりしたご飯と砂糖のシャリシャリの組み合わせは今でも思い出します。
(あの頃に砂糖を食べ尽くして今はもう要らなくなってしまったのかも。)
日々砂糖漬けの当時はほのかな甘みを感じ取れなかったのかな。

来年の彼岸には庭先ので試してみましょう。


a0231729_21282151.jpg


今朝、カーテンを開けたら「万緑叢中紅一点」
4~5輪咲いていますがこのコントラストはまさにという感じです。


a0231729_21291757.jpg



ただいま苺にはまってます。
ひと箱分(4パック)に10g弱ぐらいの砂糖をふって冷凍。
今回購入分は時節がら足が早くさっと煮立てみました。
酸味がきっちり残っております。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-05-23 22:43 | | Comments(0)

青系まっさかり

a0231729_9135119.jpg
a0231729_9141794.jpg




a0231729_9142874.jpg仕事先でコンビニのドーナッツの差し入れを勧められ、とっさに言葉が浮かばず。
「夕飯前のお菓子は酒がまずくなるので」と口から飛び出した言葉。恥じ入りながら帰宅した昨日。
どうしていい歳してまともな言葉遣いができないかなとちょっとばかりブルーな気分です。

青系の花が真っ盛り。

加えて花菖蒲と都忘れを植え、ニゲラとオキシペタラムの種をまきました。


もみじが日陰を作りすぎるので少しばかり枝を落とす。
下から見上げたときは気がつかなかったのですが、プロペラがたくさん育っていました。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-05-07 09:41 | | Comments(0)