どんどんよくなる

ほっけの太鼓。



はてさていつにこのような言葉を覚えたのか。

二十歳すぎまでホッケという魚を食べた覚えがありません。
北のなんとかいう居酒屋で出会ったのが初めてではなかったかしら。

仕出し弁当によくでてくるので、残り物を気まぐれにおむすびに入れてみたらとても美味しかった。
ご飯と海苔との相性がとてもよい。

いつの頃からかホッケと聞けば「だんだん良くなる」がつい口をつくようになってしまいました。

きっとアイヌの人がホッケの皮で太鼓を・・・
なんぞと思い込んでいたのですがw

ホッケって、法華かしらとやっと気がつきました。


少しずつ庭もいい感じになってきています。

a0231729_16354675.jpg


a0231729_1627828.jpga0231729_16272966.jpga0231729_16281315.jpga0231729_16293120.jpg
[PR]
by asajiuyomogiu | 2013-05-02 17:33 |
<< 山の藤 切り口 >>