金色のふた

a0231729_22472979.jpg

ビンとか缶とか捨てられない。
むしろもらってきてまで使っている。
しばらく前に知人が「金色の蓋のビンだけをとっとくことにしてる」
なるほどと思った。

使い勝手がよいのは肩がなだらかで口が大きめのもの。
洗いやすくて、中身の出し入れに都合がよい。

行きつけの酒屋さんで売ってるトマトソースのビンは目盛までついてさらに便利。
さして美味くもないのだがビンが欲しくてこのブランドばかり買うようになってしまった。
アメリカ製はあまり好かないのだが、大中小と揃っているビンほしさについつい・・・

いつかのクリスマスの時期に買ったパテもビンの使い勝手がよく、リピーターとなってしまった。

a0231729_22475337.jpg


愛用のワセリンを小分けしてみたら、やや多い感じだけどひと冬ぶんとしてはいい感じだったりする。
[PR]
by asajiuyomogiu | 2012-01-06 23:13 | 身の回り品 | Comments(2)
Commented by tarutaru953 at 2012-01-15 02:29
容器に惹かれて買わされるというのは、売り手の戦略に完全に落ちてる。パッケージデザイナーの勝ちです(笑)
しかし、わかる気がしますね。最近は100均ショップで空容器はいろいろ手に入るけどどこか有り難みがないようでね。
しかし、ビンの蓋にエアパッキンを使ってるところとか芸が細かいですね。さすがです。
Commented by asajiuyomogiu at 2012-01-16 07:02
100均にも掘り出し物はあるけれど、使い捨てできない人には不向きなような気がします。パッケージデザインは重要だわ!無駄すぎてもいいものなら・・・買っちゃうのだ。
<< 七草粥 つくろいもの >>